ドリーバーデンのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 山の水族館へ各種トラウトたちを見に行った

<<   作成日時 : 2010/07/17 10:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010-4-30(金) 強風 晴れ 寒い

久しぶりに温根湯の山の水族館へ寄ったがまだ観光シーズンではないせいか閑散として客はほとんどいなかった。 

ドクターフィッシュがいた。そのほかは展示も変わりばえなく、いつもと同じ。

ここの売り物の大型イトウの群泳する水槽ではエサ用の20cm前後のニジマスが奥の方に真っ黒に群になって怯えているのがちょっとかわいそう。

じーつと見ているとイトウがニジマスを豪快に捕食する瞬間も見ることができます。

イトウ、ミヤベイワナ、アメマス、ブラウン、ぴらーにゃなど撮影。

最近は入手困難なのかオショロコマやカワマスがいない。館内とても寒かった。

展示水槽内の魚は病気やヒレの退化、腫瘍、皮膚病、鼻先のつぶれや潰瘍など 淡水産トラウトを水槽で飼う難しさが年とともに露骨・顕著になってきている。

ブラウンは特にヒレの退化、変形がひどい。

白いイトウなどは水槽飼いの変形で怪物みたいな異様な魚になってしまい、見るも無惨な姿である。

また ヤマベの水槽にはアマゴがけっこう紛れていて、赤い点々のあるヤマベがいるのではないかと誤解する人がでるとまずいなあ。

きっと本州の養魚場あたりから発眼卵を入れる養魚場からのものと思われます。

一時期、常呂川上流のヤマベ放流水域でアマゴが釣れていたことがあります。

温根湯ツツジ山はほんの少し咲き始めているがまだまだ開花は遅れそう。





画像
画像
画像


群泳するミヤベイワナたち。
画像
画像



ブラウントラウトたちはヒレの退化が著しい。
画像
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
VISVIM サンダル
山の水族館へ各種トラウトたちを見に行った ドリーバーデンのブログ/ウェブリブログ ...続きを見る
VISVIM サンダル
2013/07/09 18:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
山の水族館へ各種トラウトたちを見に行った ドリーバーデンのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる