ドリーバーデンのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 知床で野生化ニジマスとオショロコマが共存する川

<<   作成日時 : 2010/10/30 16:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2008-6-29  霧雨 のち曇

昼食後、引き続き知床で唯一放流ニジマスが野生化して自然繁殖しているT川に入った。今を去ることはるか昔に、ここの地元青年団有志がニジマス稚魚を背負って川をさかのぼり、苦難の末、この川の源になっている山奥の湖に放流したのが始まりである。現在と異なり、外来魚ニジマスを放流することは地元の川の魚種を増やし、川の自然を豊にする上に食料増産にも寄与することとされもてはやされた。これが、いまや貴重な世界遺産とされる知床の大自然のまっただなかに極めて不釣り合いな外来魚ニジマスが繁殖することになった所以である。しかし、一時期のマスコミ報道などで有名になった後、釣り人の波状攻撃が年余にわたって続いた結果、今この川で大型ニジマスをみることはほとんどない。ニジマスはむしろ虫の息で生息しているといっても過言ではない。私たちもずいぶんこの渓流でニジマスを釣ったがここのニジマスはオショロコマと同様激減している。この渓流の自然環境は、渓流魚には無配慮な絶え間ない河川改修工事の結果、悪化の一途である。ニジマスを駆除して在来種オショロコマを守ろうなどという言葉を発する気力はこの川の完璧な護岸工事の前ではとても出てこない。結局あるがままということになるが、ここの渓流魚たちの未来にはとても過酷な状況が待っているとおもう。

この日は結局オショロコマ15匹、ニジマス 3匹を釣り撮影、オショロコマはリリースしたがニジマスはキープした。ここのニジマスはとてもおいしいのだ。

画像




画像


画像
<

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
知床で野生化ニジマスとオショロコマが共存する川 ドリーバーデンのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる