ドリーバーデンのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016年早春、最初の巨大ニジマス釣り。

<<   作成日時 : 2016/10/21 16:43  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2016年早春、最初の巨大ニジマス釣り。

2016-5-1(日) 曇り のち晴れ 強風 寒い

昨日までの大荒れの天候は回復傾向で朝方雲ってマイナス2℃と寒かったが11時過ぎには青空がのぞき始めた。青空はどんどん広がり始め、気温もマイナスからプラスへと上昇。昨日までの春の嵐で落ち込んでいた気分が回復しはじめた。昼食は、近くのおいしいソバ屋へ行こうかという話から、せっかく晴れてきたので弁当を買って早春の山へ行こうとヒートアップ。 さらにそれでは今年最初の巨大ニジマス釣りに行こうと、どんどん話がふくらんだ。 この時期、野生化した大型ニジマスたちは産卵のため本流域から源流へと遡上し始める。うまく遡上する群にあたると、普段源流では見かけることのない大型ニジマスにお目にかかることになる。しかし道路の除雪状況や林道の雪の状態によっては、首尾よくそこへ到達することは滅多に出来ない。

そこがオショロコマ生息域であればこれら巨大ニジマスは文句無く駆除の対象である。

しかし北見市かいわいには、もはやニジマスしかいない水域も多く、そこではこれら大型ニジマスは全て丁寧にリリースしている。

この日は、今年最初なのであまり無理はせず、我が家から比較的近い釣り場へむかった。北見市内では日陰をのぞき急速に雪は解けてきているが、山にむかうにつれ積雪はいまだかなり残っていた。もう夏タイヤに替えてしまったので雪の林道を走るのは危険だ。幸い少し林道を歩き、雪こぎも少しやっただけでなんとかポイントへと到達できた。結論から言うと、まだ大型ニジマス遡上は本格化していないが、けっこう楽しめた。久しぶりのデカニジマスでやたらと気分がハイになってしまった。

少し前に購入したランデングネットは、とても使いやすく今まで使ってきたものの中では最高によい。

空は晴れているが、強風が吹くと体感温度は急速に低下、もはや釣りどころではないほど寒くなり1時間ほどで早々に川をあがった。今日は防寒対策がちょっと甘かった。先日、十勝のブラウンを見に行ったときもそうだが最近、寒さがとりわけ骨身にしみるようになってしまった。

まだ冬開けまじかで体がなまっているのだろうか、今回のほんのちょっとの雪こぎでかなり疲れてしまい帰宅したらバッタリ寝込んで2時間ほどぐっすり寝てしまった。そうとう体力が落ちている。

画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2016年早春、最初の巨大ニジマス釣り。 ドリーバーデンのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる